趣味が高じてオーナーに!お菓子屋さんになるために必要なこと

実店舗とネットショップの違いについて考えよう

実店舗を構えるメリットとデメリット

自分の作ったパンやお菓子を売る為の店を構えたい、という気持ちは実店舗でもネットショップでも変わらないと思います。
ただ、実際に店を構えて販売したほうが、お客様の顔がはっきりと分かり、喜ばれているという実感も大きいのではないでしょうか。
逆に不満があっても、顔が見えることでよく伝わるので改善にもつながりやすいと思います。
実店舗を構えるメリットは、こうした人との触れ合いの中で成長が出来るということではないかと私は考えます。
人と接することが好きで、人にとても興味がある方は、実際にお店を構えた方がやりがいはあるかもしれません。
デメリットとしては、売り上げの良し悪しに関わらず、家賃や光熱費などの維持費が毎月変わらずかかってくるということです。最初に開業資金を多く用意しておかないと、続けていくのは中々難しいのではないでしょうか。

ネットショップのメリットとデメリット

ネットショップを開業することのメリットは、実店舗を構えるよりも開業資金が少なくて済むということではないでしょうか。
ネット環境を整えるのに少々の費用はかかりますが、店舗を借りたり自宅を改造したりなどの費用に比べれば断然安く済むと思います。
また、オンラインなので全国に向けて販売することができるのもメリットの一つです。
逆にデメリットとしては、実際にお客様の顔を見て様子を窺ったり要望をお聞きしたりすることが出来ないということが挙げられます。
また、在庫管理の場所の確保や発送業務などの目に見えない作業が、負担にもなるということも挙げられるかもしれません。
ネットだからと甘く考えていると、長続きさせるのは難しいと思います。